Top

Library

Login

Search Result Details
Previous Next
日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム

Holdings: 1 Checked Out: 0
Available for Loan: 1 Reserved: 0
Reserve
Material Status
八日市場図書館 <112259205>
Available / 一般開架 / / /333.6/ミ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-8013-0289-1
ISBN-13 978-4-8013-0289-1
Title (Kana) ニホン オ ハカイ スル シュシホウ ハイシ ト グローバリズム
Author (Kana) ミツハシ タカアキ
NDC 333.6
Price ¥1500
Publisher (Kana) サイズシャ
Size 19cm
Number of Pages 254p
Related Subject 国際経済 歴史
Related Subject 日本 経済関係 歴史
Related Subject 食糧安全保障
Related Subject 種子
Abstract 日本各地で多種多様かつ「美味しい米」の生産を可能にしている種子法が廃止される。種子法廃止が日本国民の食料安全保障を破壊するパワーを秘めていることを、グローバリズムの歴史と危険性を紐解きながら解説する。
Author Profile 東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。中小企業診断士。株式会社経世論研究所所長。著書に「本当はヤバイ!韓国経済」など。
infoSite

当スマートフォン向けページは、iOS7、Android4にて動作確認を行っています。 その他、ブラウザをご利用の方は、 こちらからPC版ホームページをご利用ください。